1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 活躍フィールド
  4. 「笑顔で生活する」そんな当たり前を支えたい

「笑顔で生活する」
そんな当たり前を支えたい

試薬機器担当

試薬機器関東第一営業部 東京支店

高橋 航(たかはし こう)

2017年入社。
試薬東京支店で、現在は「試薬機器」の担当として、東京都東部の病院を担当。検査業務を支えている。

アルフレッサに入社したきっかけは?

入社式の写真。この時はまだ同期とも話した事がなく、緊張していました。

子どもの頃は腕白で、よくケガをしていました。それで、頻繁に病院や薬局に行くうちに、薬に興味を持つようになりました。「この薬ってどこから来ているんだろう」。そのため、いざ就職を考えるときには「医療関係の仕事で患者様のために働きたい」と考えるようになりました。
医療関係を中心に企業を調べる中で、「医薬品卸」、そしてアルフレッサの存在を知りました。会社の規模が大きく、多くの患者様と関われるのでは、と考えました。

試薬機器担当という仕事について

例えば病院で健康診断を受ける時に採血をしますよね。採血した血液は裏側の「検体検査室」という部署に運ばれて、さまざまな薬剤や測定装置で検査が行われます。
その機械や薬剤を販売するのが試薬担当MSの仕事です。ですので医薬担当MSと大きく違うのは、医薬担当MSがドクターとお話することが多いですが、試薬担当MSは検査技師さんとお話することが多いです。

大変なことは、取扱い製品が多いことですね。尿検査の紙コップや採血用の針からレントゲンの撮影機器まで取り扱いますし、上司はこの間、検診車を販売していました。それぞれの製品ごとに複数のメーカーがいて、メーカーごとに特徴があるので、取り扱う品目としては多くなります。
しかし裏を返せば多くの品目を取り扱っているからこそ、様々なお客様の細かいニーズにも応えることができるのです。イメージするなら病院内の総合商社でしょうか。大変ですが、やりがいがあります。

試薬機器から貢献できること

インタビューの時も仕事の話になるとついスイッチがと言って熱く語ってしまいます。

病院に行くと、待合室で多くの患者様が検査結果を待っている光景を、よく目にします。でも、より早く検査結果を出せれば待ち時間も減りますし、病院側にしても多くの患者様を丁寧に診ることができるようになると思います。
病院が抱える悩みを私が微力ながらお手伝いすることで、少しでも解消させたいと思っています。そしてその先にいる患者様が「健康に笑顔で生活できること」に貢献したいと思っています。

さいごに

就活生に

一人ひとりの頑張りに応えてくれる会社です。
「笑顔で生活するそんな当たり前を
支えたい」同じ志の方は是非!

TOP