1. ホーム
  2. アルフレッサの事業領域
  3. 地域をつなげる

「地域包括ケアシステム」の実現に向けて、地域の医療関係者をつなぎ、「医療」と「地域」の連携を高めます。

地域医療を円滑に進めるコーディネーターに。

地域の医療をリードする「医療経営士」の充実を図っています。

アルフレッサでは、日本全国のそれぞれの地域に合った「地域医療」を支援するために、それぞれの地域で活動するMS(マーケティングスペシャリスト)に対し、広く医療機関経営の知識を有する「医療経営士」の資格取得を推進しています。
医療のさまざまな現場に関わる「医薬品卸」として、幅広い職種の医療関係者が連携して医療活動を行う「地域医療」において、その連携を先導できる人材育成を進めています。

地域の医療関係者のネットワークづくりを進めています。

いま全国で対応が進んでいる「地域包括ケアシステム」。その実現には、地域の医療機関や薬局だけではなく、介護施設、訪問介護事業所、行政、そして地域に暮らす人々が一体となって取り組むことが求められます。
私たちアルフレッサは、幅広い医療の現場に関わる「医薬品卸」という立場をいかし、これらさまざまな関係者のネットワーク構築を進行中。地域一体となった健康づくりの環境整備を、地域の中心となって進めています。

地域医療に携わる関係者をつなぎ、地域社会の健康を支えます

地域の医療関係者を集めた「多職種合同勉強会」を開催

医師、薬剤師だけでなく、ケアマネージャーや訪問看護師など、地域医療を支えるさまざまな職種の医療関係者を集めた勉強会を、MSが中心となって定期的に開催。地域の医療関係者相互の、情報交換の場としても活用されています。

〈過去の開催テーマ〉

  • 在宅医療における「褥瘡対策」「排便ケア」
    「排尿ケア」「緩和ケア」
  • 栄養・食事に関する啓発活動
  • 糖尿病予防

地域医療の本当の主役「地域住人」との関係づくりを進めています。

一般市民を対象とした「地域カフェ市民講座」を開催

一般市民を対象に、地域のカフェなどを会場として、さまざまな医療情報を提供する講座を開催しています。会場では、薬局薬剤師や管理栄養士による説明も行っています。

〈過去の開催テーマ〉

  • 臨床検査値の見方
  • 栄養食品について
  • 認知症サポーター養成講座
  • 認知症カフェ
  • 高齢者見守り
栄養食品の直販サイトを運営

健康な暮らしを食事の面から支えるために、各種栄養食品の通販サイト「エイヨウショクヒン.コム」を、2000年から運営しています。

栄養食品通販サイト エイヨウショクヒン・コム

病院で提供されている栄養食品(主食、おかず、スープ、デザート、濃厚流動食等)の宅配サービスを、インターネットからお手軽にご利用いただけます。また同サイトでは、栄養食品や健康に関する情報や、介護情報なども掲載しています。

本サービスは、どなたにもご利用いただけます。

サイトはこちら

多くの自治体と「高齢者見守り協定」を締結

全国で深刻な問題となっている「高齢化」を支えるために、アルフレッサでは多くの自治体と「高齢者見守り協定」を結び、高齢者世帯の異常発見に協力しています。
また、この協定締結に基づき、自治体とのコミュニケーションを図り、地域の健康づくり支援に役立てています。

〈取り組み内容〉

  • 「薬剤師向け認知症サポーター要請講座」開催
  • 行政担当者、地域包括支援センター、キャラバン・メイトとの交流会

下野新聞 2018年4月24日掲載

医薬品を届けるという仕事を知っていただくための書籍を制作・配布

アルフレッサを舞台に、小学生が医薬品流通について学ぶ「薬が届くまで ここが知りたい!」が文藝春秋から刊行されました。このまんがは「文春まんが 読みとくシリーズ」の第5巻としてアルフレッサが制作協力したもので、医薬品卸の業務内容から社会的使命、また医薬品の種類や取り扱いなどを分かりやすく解説したものです。
なお、本書は非売品で、公益社団法人日本PTA全国協議会推薦図書として、全国の小学校、特別支援学校、小児病棟、主要な公立図書館など2万6,000カ所に寄贈いたしました。

TVコマーシャルを放送

アルフレッサが「地域の人々の幸せ」に貢献することを描いたTVコマーシャルを作成し、放送しています。放送を通じ、医療関係者だけでなく広く一般の方々にもアルフレッサの存在を知っていただくことを目指しています。

アルフレッサ企業広告「背中」篇

TOP