1. ホーム
  2. 会社案内
  3. 健康経営

健康経営

健康経営を推進するため、「アルフレッサ健康宣言」を制定しました

当社では、社員のこころとからだの健康保持・増進に努め、さらに自主的な取組みを支援します。

アルフレッサグループ理念体系の私たちの思いとして「すべての人にいきいきとした生活を創造しお届けします」と掲げています。我々、アルフレッサ株式会社として、企業活動を通し真の健康に携わる企業として以下の取り組みを行うことを宣言します。

「アルフレッサ健康宣言」

すべての⼈がいきいきと暮らせる社会。
その実現のためには、まず社員⼀⼈ひとりがすこやかに暮らし、働けることが重要であると考えています。アルフレッサでは、社員が健康でいきいきと業務に取り組める環境整備を進めていきます。

アルフレッサ株式会社
代表取締役社長 福神 雄介

体制図

重点ポイント

  • 1.
    ⼀般定期健康診断の100%受診を目指します
  • 2.
    精密検査受診率50%を目指します
  • 3.
    ストレスチェックを実施し、健康な働きやすい職場環境に改善します
  • 4.
    社員の健康に関する相談体制を充実させます
  • 5.
    健康をテーマとしたセミナー・研修を実施します
  • 6.
    喫煙率の低減に取り組みます
  • 7.
    年次有給休暇5日以上の消化を実施します
  • 8.
    健康関連施策等への取り組みをします

健康課題

アルフレッサは⾃社の健康課題を以下のように定め、会社として社員健康維持・向上の施策に取り組んでいきます。
また、社員⾃らが楽しく健康を維持増進していけるようなさまざまな工夫をしていきます。

健康課題 2020年度目標
1

生活習慣病の発症予防

定期健診におけるBMI・血圧・血糖の有所見率が高く、生活習慣病発症に対する予防対策が必要。二次健診・特定保健指導を推奨し、健康的な食事・運動習慣を整備します。

2019年
一般健康診断受診率
 97.1% ⇒ 100%
・事業所に簡易血圧計の設置
・定期的な運動と食事の見直し
2

メンタル不調者数の半減を推進

ストレスチェックにおける高ストレス者に対するラインケア・セルフケアへの取り組みを進める。
ハラスメント防止研修会・コンプライアンスハンドブックの読み合わせ。
社員一人一人の業務の取組内容を見直し。

メンタルヘルス不調者
 長期欠勤者を半減
・労働組合とのかかわり強化
・保健師による健康相談窓口の設置
3

年次有給休暇の取得促進

同僚への気兼ねや取得請求することへのためらい、業務が滞るなどの理由により取得率が低調な状況にあります。

有給休暇取得日数
 社員全員5日以上
・各事業所へポスター貼付
・2時間有給休暇の導入

アルフレッサ 健康⽅針

働き⽅改⾰の取り組みと連携させて、社員の健康保持・推進、ワークライフバランスの実現、⽣産性の向上など多様な社員が活躍できる職場づくりを推進します。

  • 有志による定例の皇居ランニング

  • 全国各地を通信で結んだボーリング大会

  • 有給休暇取得推進のための社内ポスター

健康経営優良法人2020 認定のご報告

当社は経済産業省と日本経営会議が主催する「健康経営優良法人2020」に認定されました。

健康経営優良法人認定制度とは?

地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

引用元:健康経営優良法人認定制度【経済産業省ウェブサイト】

TOP