社会的使命

災害発生時の対応

物流センターの切り替え

非常時には物流ネットワーク内で相互に補完

アルフレッサでは、物流センター、医薬品センター、支店・事業所に、さまざまな医薬品を保管しています。大規模災害時等、大量の医薬品が必要となるケースが発生した場合でも、物流ネットワーク内の各拠点が補完しあい、必要な場所へ医薬品供給を継続できる体制を整えています。

画像:物流センターの切り替え

災害時にも医薬品供給を継続

大規模災害の発生時には、アルフレッサの物流ネットワークが、被災した物流センターの業務を代替する形で、被災時の物流ルートを確保します。また支店・事業所にも医薬品を保管しており、災害時にも即時に対応します。

  • 災害時の供給継続体制をアニメーションでご説明致します。以下のボタンをクリックしてご確認ください。

データセンターの切り替え

西日本と東日本の2カ所に展開するデータセンターでは、平時から常に相互にバックアップを行っており、大規模災害等でどちらかのデータセンターが被害を受けた場合にも、即座にもう一方のデータセンターが情報処理を継続できるシステムを構築しています。

物流センターに設置された自家発電設備物流センターに設置された自家発電設備

災害時には衛星電話で連絡手段を確保災害時には衛星電話で連絡手段を確保

愛知物流センターヘリポート愛知物流センターヘリポート

画像:データセンターの切り替え

グループ全体での対応

大規模災害等の発生に備え、アルフレッサでは東京・大阪・名古屋という3大都市の周辺に展開した物流センターを拠点に、医薬品等を必要とする地域へ安定供給できるよう、BCP(事業継続計画)を策定しています。
またアルフレッサグループでは、この相互補完体制を全国規模で展開。日本中のあらゆる場所へ、必要な医薬品等を安心・安全にお届けします。

アルフレッサグループのBCP(事業継続計画)

画像:アルフレッサグループのBCP(事業継続計画)