thema2
kv

医薬品卸の多彩な機能をお得意先に提供する
その最前線で活躍する。

pic1

MS(マーケティング・スペシャリスト)は、医薬品卸企業における営業職のことです。市場ニーズの把握から、医薬品、試薬機器といった商品の販売、情報提供など、アルフレッサと医療機関や薬局などお得意先との関係を最前線で担い、単に販売担当というよりも文字通りマーケティングの要として活躍しています。
医療の現場では、患者さんにどの医薬品を処方するかということはもちろん重要ですが、その医薬品をどの企業から、誰から購入するかということも重要な選択となります。適正な価格、品質保持の体制、必要なときに不足しない供給の安定性や対応力、情報の提供やサポートなど多面的な視点で仕入先が決定されます。医薬品の選定にあたっても、医薬品卸企業からの公正な情報が参考にされることは少なくありません。そこには、企業、そしてMSとしての競争が存在しています。お得意先から信頼を得ることで、その先にいる患者さんを支える。その信頼をいかに勝ち取るかは、一人ひとりのMSの力にかかっているのです。

お得意先のニーズは医薬品だけでなく
医療経営へのソリューションにも及ぶ。

製薬企業で営業を担当するMR(メディカル・リプレゼンタティブ)は、MSにとって重要なパートナーです。MRは自社製品に関する情報提供を行いますが直接の販売は担当せず、価格決定などの交渉はMSにゆだねられています。MSは、さまざまなメーカーのMRから新薬などの情報を入手し、社内の知見を合わせて公正な情報としてお得意先に提供します。また、お得意先の反応によっては、MRに同行を依頼して詳細な説明を行う場合もあります。一方、MSは処方された医薬品の効果や副作用など安全管理情報について医師や薬剤師にヒアリングし、その情報はMRにフィードバックされます。
MSが販売する商品は、医薬品や試薬機器といった製品です。しかし、医薬品卸の多彩な機能を捉えるとき、商品はアルフレッサという企業、そして最前線で医師や薬剤師に接するMS自身でもあります。近年では、お得意先の経営環境も大きく変化しており、医療経営に関するコンサルティングやソリューションを求められるなど、より幅広い情報や機能がMSには期待されています。

pic2
cooperation
pic3