thema1

アルフレッサは、2003年に「株式会社アズウェル(大阪府)」と「福神株式会社(東京都)」が、株式移転により持株会社である「アルフレッサ ホールディングス株式会社(東京都)」を設立し、その翌年の2004年に両社に「株式会社大正堂(埼玉県)」を加えた3社の合併により、グループの医薬品等卸事業会社として生まれました。

3社のルーツを紐解けば、その歴史は100年に及びます。医療機関への綿密なサポート体制も、優れた物流体制も長い歴史のなかで整備され進化してきたのです。そして、それら有形無形の資産を生かして次の100年を創造していくのは、まぎれもなく現在を生きる私たちアルフレッサの社員と、ともに世界の医療と健康を支えるために歩んでいくみなさんの力です。